子どもの矯正について-お子さんの歯並びが心配なお母さんへ-
子どもの矯正のメリット

お母さんにお伝えしたい子供さんの矯正のメリット

矯正は低年齢から始める方が絶対いいのです。

歯並びが悪くなる原因のあごの大きさや位置を改善するには低年齢から治療を始めることが望ましいです。

成長・発育が盛んな時期の矯正は成長をコントロールして治療を行います。成長を利用して治療を行えるのはこの時期だけです。

大人になってからでは改善しにくい歯並びに悪影響のある「口呼吸」や「舌で歯を押す」などの癖を早めに治療出来たり、永久歯を動かしやすいなど低年齢から始める早期治療には多くのメリットがあります。

あごを大きくすると歯がきちんと並ぶスペースができるので歯を抜かずに矯正できる可能性が高くなります。

あごの成長を正常にして歯並びがきれいなると整った美しい顔立ちになります。思春期はワイヤーなどの装置をつける矯正に抵抗をもってしまうことも多いので、なるべく負担の軽い小さなうちに治療を始めてあげることをお勧めしています。

アメリカでは、「最低でも7才になるまでに必ず歯科医院で歯並びを見てもらって診断を受けて下さい」と言われています。

ドクターからごあいさつ

歯科医師
神戸矯正歯科センター 院長

瀬戸上 康子

国立鹿児島大学歯学部卒業
日本矯正歯科学会認定医

はじめまして「神戸矯正歯科センターの矯正認定医」の瀬戸上康子(せとうえやすこ)と申します。

「子どもの矯正はどんな治療をするんですか?」
「子どものうちに治しておかないとといけないでしょうか?」
など日々の診療の中で色々なご質問を受けます。

当サイトでは小児矯正とはどのようなものか、治療する必要があるのか、などの内容をまとめました。

矯正認定医としてお子さんの歯列矯正についてわかりやすくお伝えし、お子さんのためにどうしてあげるのが一番いいのか親御さんと一緒に考えていきたいと思います。

歯科医師
歯科医師

坂野 弘子

国立岡山大学歯学部卒業

歯科治療というと、なるべくなら行きたくないと思ってしまう方も多いものです。しかも矯正治療となると費用も期間もかかる…不安を抱えてのご来院になると思います。

私自身、長年気にしていた歯並びを治すのには確かに勇気の要ることでした。成人してから矯正治療を受けましたが、「やって良かった」と本当に思います。患者さまのお一人おひとりにも、この満足と笑顔を手に入れていただくことを治療ゴールと考えています。

矯正治療とは、単に良い歯並びと咬み合わせという歯の位置関係だけのことではなく、より健全な歯周組織、美しい口元、ひいてはお顔立ちも診て出来うる限りの治療を提案をし、患者さまとともに実践していくものと考えています。

お子さまであれば、呼吸や筋機能にも関連した矯正治療を、また永久歯列なら目立たない装置での治療法もご説明をしています。歯並びでお悩みの方の、解決をお手伝いできればと考えています。

神戸矯正歯科センターの医院紹介

神戸矯正歯科センターは三宮クローバー歯科クリニックに併設しております。


神戸市中央区雲井通7-1-1 ミント神戸15F

JR三ノ宮駅東口、阪神・ポートライナー三宮駅より 徒歩3分

阪急・地下鉄山手線・三宮駅より 徒歩7分(地下道で連絡)

地下鉄海岸線三宮・花時計前駅より 徒歩7分(地下道で連絡)


【ご予約・お問い合わせ】
TEL:0120-708-418(078-862-9077)
【相談専用ダイヤル】
TEL:

09:00〜
13:00
14:00〜
20:00
休診日:日曜・祝日

こどもさんの矯正治療は大人の方の矯正治療とは大きく異なります

1期治療

子どもの矯正


1期治療は乳歯列と永久歯が混在している「混合歯列期」に行う治療法です。

歯並びが悪くなるのはあごが小さいことに原因がある場合がほとんどです。
⇒低年齢からあごを良い形にしていく治療を1期治療といいます。

永久歯が生えそろうのを待ち、必要であれば2期治療に移ります。


あごが小さいこども


プレート


 あごが小さいために、歯が並びきらなくて乱食い歯や八重歯になります。子どものあごの骨はやわらかいので、あごを大きくすることができます。


<方法>
プレートなどの器具を口の中に入れ、あごを拡大していき、永久歯の生えるスペースを確保します。

骨がやわらかい低年齢の時期に治療を始めることであごを大きくすることができます。発育が進んでからの治療では骨がかたくなり、また歯並びが出来上がっているため治すことが難しくなります。

器具を入れることを嫌がらないか心配される方も多いですが、すぐに慣れてしまいますのでご安心ください。




受け口や出っ歯のこども


受け口になる原因の多くが下あご自体の成長が旺盛で前に出てしまっている場合が多いです。そういう時は、下あごの成長を抑えたり、前にでてしまった下あごを引っこめたりする治療法があります。

また、上アゴの成長を促進して治すこともあります。出っ歯の原因のうち、上アゴ自体が前に出ている場合は、上アゴの成長抑制をしたり、逆に下あごを前に持ってくる治療をしたりします。

お母さんにあたりましては、低年齢から矯正治療を始めるメリットは非常に大きいので、お子さんの歯並びが気になられる場合は、矯正歯科医院にご相談されますことをお勧めいたします。

2期治療

2期治療は「永久歯列期」に行う治療です。
永久歯が生えそろった後ワイヤーを使い歯並びを治す治療です。

ワイヤー矯正

1期治療であごを大きさを整えて、2期治療では歯の位置を整えることになります。

あごを拡大しただけで、歯の位置(歯並び)もおおむね良くはなりますが、完全にきれいにするために、歯にワイヤーをつけて、歯を良い位置に動かしてなおします。

1期治療であごが良い状態になっていれば、2期治療はより簡単で、かつ綺麗になおります。

T期治療について

U期治療について

無料電話相談



お子さんの歯並びのご相談や矯正治療のご質問などにお答えいたします。

子どもの矯正 費用・方法 無料Web診断
総院長松本正洋がお子さんの場合の治療費・治療方法・治療期間をお答えします。

当てはまる項目にチェック、質問や名前を入力して送信してください。

  • 年齢
  • 0〜3才  4才  5才  6才  7才  8才  9才
    10才   11才  12才  13才  14才  15才以上 
  • どのタイプですか?
      チェックしてください

  • 上の前歯が出ている(上顎前突)

    下の前歯が出ている(受け口)

    歯ががたがたしている(八重歯)

    上と下の前歯が咬み合っていない(開咬)
  • その他気になる事
  • 料金は最終的にいくらになる?
    治療方法について
    治療期間はどのくらいか?
    抜歯する必要はあるか?
    痛みはあるか?
    引っ越した場合どうなるか?
    分割払いは何回まで可能?

    装置を装着することの影響について
    見た目が気になる  
    食事がしにくくならないか心配
    むし歯にならないか心配  
  • ご質問内容
    歯並びに関するお悩みや、矯正歯科への疑問などにお答えしています。お気軽にご相談ください。
  • こちらにお書きくださいね↓
  • お名前
    [全角](名字だけでも可)【必須】
  • E-mailアドレス【必須】
    [半角英数]
  • 電話番号【必須】

  • 下記は、メール相談の方は必要ありません

  • 診療希望日
  • 第1希望  

    第2希望  

※【メールアドレスについて】携帯電話のメールアドレスをご入力された方の一部に当センターからのメールが届かないという現象が発生しております。なるべくPC用のメールアドレスをご使用いただきますよう、よろしくお願いします。



<<個人情報保護方針

初診カウンセリング無料

TEL:0120-505-589 専任カウンセラーが対応します

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

初診予約はこちら

無料初診のご予約ができます

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします