初めての方へ

矯正歯科について

矯正歯科とは
矯正装置によって歯や顎の骨に力をかけてゆっくり動かし、悪い歯並びや噛みあわせを治すことです。(歯は力が掛かって圧迫された側に動く性質がある。)歯並び・噛み合わせを治すと自信を持って話せたり、しっかり噛むことができたりと心身共にプラスになることがたくさんあります。
噛み合わせが悪いと起こるトラブルはこちら→
費用について
基本的には健康保険が適用されず、患者様の自己負担です。

当院に来られる患者様も費用の心配をされて相談される方もいらっしゃいますが、「思い切って歯列矯正してよかった」というお声をたくさんいただいています。 患者様の声はこちら→

お支払方法

1.現金

2.クレジットカード

お支払回数はカードによって違いますのでお問い合わせ下さい。

3.デンタルローン

4.銀行振込

詳しくは受付までおたずねください。

矯正歯科の治療期間について
期間については、患者様によってかなり個人差があります。上下全部の歯を治療する場合、通常は2〜3年ですが、当院では、期間を短縮する方法を採用しており、平均で1〜2年で終わります。

インコグニート

歯の裏側に装置を固定する「裏側矯正」の中の、インコグニートという方法は治療期間が普通の裏側矯正より6割くらいに短縮されます。

スライス矯正

歯を抜いて矯正をすると時間がかかりますが、歯を抜いてスペースを作るかわりに、歯をスライスします。 スライスする量はわずかですので、痛みもありません。この方法を使えば、治療期間は大幅に短縮されます。

矯正歯科治療中の見た目について
一般的なイメージは銀色のブラケットとワイヤーをつけるイメージですが、現在はいろいろな種類があります。

当院では銀色のブラケットは一切使っていません。ワイヤーは銀色と白があり、白いワイヤーは非常に目立ちにくいのでおすすめです。(ワイヤー矯正ホワイトワイヤー矯正

裏側に装置を付ける方法は装置は外側から全く見えません。(インコグニート

ワイヤーが気になる方には、透明の取り外し式の装置(マウスピース矯正)もあります。

矯正歯科の痛みについて
痛みの種類は下記の2つが挙げられます。
1.歯が動く時の痛み
2.装置が頬の内側にあたる痛み

痛みは矯正治療の欠点でもありますが、現在ではかなり軽減できるようになりました。

1.歯が動くときの痛みへの対処

当院では最初に入れるワイヤーは直径が0.25ミリの物を使っており、このワイヤーは世界最先端のワイヤーで矯正歯科用ワイヤーの中で一番細いワイヤーです。
この細いワイヤーから治療を始めることにより、痛みは軽減しました。歯が動く時の痛みは通常3日くらいでひきます。

2.装置がほっぺたにあたる痛みへの対処

当院ではなるべくワイヤーなどがほっぺたにあたらないように気をつけています。 ワックスといって、柔らかいゴムみたいなものを装置にくっつけることによってもかなり痛みが軽減します。この痛みはほとんどの場合、慣れて感じなくなるので心配いりません。


矯正歯科についてのご質問やご不安などお気軽にご相談ください。
無料初診カウンセリングでは検査結果を元に治療方法・期間・治療費などをご説明します。
電話相談やメール相談も無料ですので何でもご相談ください。

初診カウンセリング無料

TEL:0120-505-589 専任カウンセラーが対応します

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

初診予約はこちら

無料初診のご予約ができます

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします