ワイヤーを使う矯正

矯正歯科にはさまざまな種類がありますが、その中から「ワイヤーを使う方法」をご紹介します。

表側に装置をつける
ワイヤー矯正

ブラケットは白色、ワイヤーは銀色のものを使用

ブラケットは白色で、ワイヤーは普通の金属色(銀色)です。

ホワイトワイヤー矯正

ブラケット、ワイヤーともに白色のものを使用

ブラケット、ワイヤーともに白色のものを使います。

裏側(舌側)に装置をつける
インコグニート

歯の裏側につけます。完全オーダーメイド。

歯の裏側に装置をつけるので歯列矯正していることわかりにくく、見た目を気にされている方にも安心です。ブラケットも、ワイヤーも全てオーダーメイドです。従来の裏側矯正より治療期間が10〜15%短い。

リンガルアーチ

前歯1〜2歯の反対咬合を治します。

前歯の1〜2歯の反対咬合を治します。

部分矯正
MTM

歯の表側にワイヤーをつけて部分的に気になる所だけを治します。主に、歯が重なっている場合(そう生)に適用します。重なりの程度により、軽度、中等度、重度に分類されます。

オプション
スライス矯正

歯を抜く代わりに少し削って(スライス)歯を並べる方法です。歯の表面のエナメル質の外側から0.25〜0.50mmをスライスします。

ミニスクリュー
(インプラント矯正)

ミニスクリューを固定源にして歯をしっかり動かします。

ミニスクリューを埋め込み、固定源として使います。ミニスクリューは固定されているため動かしたい歯をしっかりと動かすことができます。



無料Web診断(無料診断コーナー)

総院長 松本正洋総院長の松本正洋が、あなたの場合の治療費・治療方法・治療期間をお答えさせていただきます。

初診カウンセリング無料

TEL:0120-505-589 専任カウンセラーが対応します

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

初診予約はこちら

無料初診のご予約ができます

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします