• TOP
  • 自分の歯並びをチェック

自分の歯並びをチェック

きれいな歯並びと悪い歯並びとはどこがどう違うのかご存じですか?
ご自分の歯並びの欠点がどこであるのか、自己診断してみましょう。

正面からチェック

上の前歯と下の前歯の真ん中が一直線上になっており、また、同じ番号の上下の歯並びを比べた時、上の歯の方が奥になっています。また、上下、前後で歯が2〜3ミリ重なっているのが理想です。
鏡の前で奥歯を噛み合わせ「イー」として下さい。

正面からチェック

顔の中心線(正中線)に上の前歯と下の前歯の中心が一本のラインで真っ直ぐに結べない
上の前歯と下の前歯が互いに噛み合っていない
下の前歯が半分以上、上の前歯に隠れている
歯と歯の間に隙間があり、デコボコしている

横からチェック

唇がEライン上、もしくはやや内側にくるのが理想です。但し、一般的に日本人は鼻がそう高くないため、理想型の人はそう多くありませんが、噛み合わせの悪さが原因でクリアできないこともあります。
姿勢良く立ち、横顔もチェックしてみましょう。

横からチェック

鼻先とあごを結んだ線(Eライン)よりも、唇が突出す、または極端に届かない
上下の歯が交互に噛み合っていない
上の前歯と下の前歯のすき間が5ミリ以上ある
下の歯の方が前の歯より前にでている

歯の並び全体をチェック

成人は、口の中心から左右に7本ずつ、上下のあごに14本ずつ、計28本の永久歯が揃っていて歯列弓(しれつきゅう)をきれいに描いているのが理想です。 大きく口を開けてお口の中全体を見てみましょう。

理想的な歯並び
※この図はご自身が鏡を見た時の状態です。

歯の並び全体をチェック

永久歯28本が揃っていない(親知らずを除く)
親知らずがある
歯と歯の間にすき間がある
きれいな歯列弓を描かず、デコボコしている

悪い歯並びが起こる原因

遺伝

歯の大きさや本数は遺伝によって決まっています。親が受け口であれば、その子供も受け口になりがちな傾向があります。

食事

良く噛まなくても食べられるやわらかいものばかりの食生活では、あごが十分に発達せず、歯の大きさとのバランスが悪くなり、結果として小さなあごに大きな歯が並びきれず悪い歯並びとなります。

くせ

唾を飲む時に舌を突き出したり、指しゃぶりなどの(3才くらいまでは問題はない)くせを続けていると、開咬(前歯が噛み合わない)や、出っ歯の原因になることがあります。

乳歯の虫歯

乳歯は永久歯がきちんをはえるためのガイドの役目をしています。そのため乳歯が虫歯で失われたりすると、永久歯が正しい位置に生えてこれず、歯並びや噛み合わせに影響します。

口呼吸

正常な呼吸の方法は鼻呼吸ですが、口呼吸を続けていると、歯を唇で押さえる力が弱くなって舌の位置が変わったり、筋肉のバランスが崩れ、受け口や出っ歯の原因になることも。また顔面の発育・成長にも悪影響を及ぼします。


歯並びでお悩みの方や矯正歯科に関するご質問などお気軽にご相談ください。
無料初診カウンセリングでは治療方法・期間・治療費などをご説明します。
電話相談やメール相談も無料ですので何でもご相談ください。

初診カウンセリング無料

TEL:0120-505-589 専任カウンセラーが対応します

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

初診予約はこちら

無料初診のご予約ができます

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします