矯正オプションメニュー

スライス矯正<オプション:歯を抜かずにスペースを作る方法>

スライス矯正

スライス矯正は歯を動かすのに必要なスペースを歯を抜く代わりに少し削って作る方法です。ストリッピング、ディスキングともいいます。

通常、乱ぐい歯や八重歯を治す場合、小臼歯という歯を抜いてスペースを作る必要がありますが、「歯を抜くとかえってスペースが余ってしまう」「歯を抜きたくない」「ご病気等で麻酔ができない」などの場合にスライス矯正を行ってスペースを作ります。

スライスして作ったスペースを利用して、ワイヤーや取り外し式の器具を使って歯を動かしていきます。

歯には内部に象牙質があり、表面はエナメル質になっています。エナメル質の厚みは1.5mmあり、外側から0.25〜0.50mmスライスします。

痛みがない
エナメル質には神経がありませんので痛みはありません。

治療期間が短縮される
抜歯矯正の半分から3分の1程度に短縮されます。

ダメージが無い
エナメル質の0.25〜0.50mmをスライスしても問題ありません。
スライスした面は十分研磨しますので、虫歯になりやすくなるということはありません。

初診カウンセリング無料

Call:0120-505-589 専任カウンセラーが対応します

相談受付時間 月〜土 9:00〜18:00
日・祝・年末年始・夏季休暇期間を除く

初診予約はこちら

無料初診のご予約ができます

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします