• TOP
  • 悪い歯並び(不正咬合)の代表例

お悩み別

悪い歯並び(不正咬合)の代表例

不正咬合(悪い歯並び)にはいろんなタイプがあります。 ここでは代表例をご説明します。
噛み合わせに問題のある人は、これらの症状をいくつか併せ持っていることが多く、 不具合の程度や要因は、多種多様で同じタイプの不正咬合は一つとしてありません。

上顎前突 じょうがくぜんとつ

いわゆる「出っ歯」。日本人に多い。上の前歯が極端に前に突き出ている。その他、上あごの骨自体が飛び出しているケースもある。

■ 出っ歯の方の治療例はこちら→

反対咬合 はんたいこうごう

下顎前突とも言う。いわゆる「受け口」。下の前歯が上の前歯より前に出ている。横顔をチェックするとしゃくれたような感じになっていることも多い。

■ 受け口の方の治療例はこちら→

上下顎前突 じょうげがくぜんとつ

上下の歯が前に突き出ているので、うまく噛めないばかりか、尖った口元ばかり目立ってしましい、唇が自然に閉じないため、見た目も良くない

叢生 そうせい

「八重歯」や「乱ぐい歯」のこと。歯が重なり合って、でこぼこの状態。歯ブラシが隅々まで行き届かないので、虫歯や歯周病の原因になることも。

■ 八重歯(乱ぐい歯)の治療例はこちら→

開咬 かいこう

一部の歯(例えば前歯)が開いたまま咬み合わず、麺類などが咬み切れないような状態。無意識のうちに口をあけてしまっていることもある。

交叉咬合 こうさこうごう

歯の前後的位置が1本か2本、逆の状態を指す。顔面が非対称になることも。ひどい場合は、物を強く噛んだり、歯を食いしばったりすることができない。

過蓋咬合 かがいこうごう

上の歯が下の歯に必要以上にかぶさっている状態。深くかみ込んでしまうため、歯の接触がきつく歯をすり減らしてしまう。

空隙歯列 くうげきしれつ

「すきっ歯」のこと。歯と歯の間にすき間がある状態。すき間から息が漏れて発音がしにくいことがある。

正中の不一致

上下の歯の中心がずれている状態。顎を開け閉めする際に顎関節が鳴ったり、大きな口を開けづらい。



矯正歯科とは、これらの不正咬合を正しい噛み合わせにする治療方法です。永久歯の場合、あごの発育が終わっているため、あごの大きさと位置を変えることはできません。 そのため、あごに合わせて歯を並べる方法をとりますが、歯の並び方の方が大きかったり、不調和が著しい場合には、抜歯や外科的手術が必要な場合があります。


無料Web診断(無料診断コーナー)

総院長 松本正洋総院長の松本正洋が、あなたの場合の治療費・治療方法・治療期間をお答えさせていただきます。

初診カウンセリング無料

TEL:0120-505-589 専任カウンセラーが対応します

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

初診予約はこちら

無料初診のご予約ができます

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします