八重歯・ガタガタでお悩みの方
  • TOP
  • 八重歯(乱ぐい歯)でお悩みの方

八重歯はきれいに治ります!


総院長 松本正洋

八重歯の方は、人前で笑う時に歯が見えるのが気になって手で口元をかくしたり、大きな口を開けて笑わないように気をつけておられる方も多いと思います。

また欧米では八重歯の方は就職や結婚に悪い影響があると言われているため、多くの方が子供時代に矯正します。

八重歯が治れば、自分に自信ができて性格も前向きになり、積極的に毎日を楽しめるようになります。

八重歯は矯正治療の中では治しやすい治療で、比較的簡単に治ることが多いです。八重歯でお悩みなら、ぜひ八重歯は治してください。

八重歯が治ると、人の目を気にしなくて良くなるために、人とのコミュニケーションが楽しくなり、ひいては人生が楽しくなります。


八重歯の治療例

八重歯の治療例1

八重歯の患者さんの症例です。
歯並びがガタガタなので治したいと来院されました。犬歯が飛び出しており、全体的にかなりガタガタの状態でした。
上下の全体的な矯正を行った結果、とてもきれいな歯並びになりました。 お顔の印象もかなり変わってきれいになられ、患者さんはとても感激しておられました。



八重歯の治療例2

八重歯の患者さんの症例です。
八重歯が気になるのと噛み合わせを治したいと来院されました。 小臼歯を抜歯して上下の矯正を行いました。前歯の中心のラインがぴったり揃いとてもきれいな歯並びになりました。 八重歯も正しい位置におさまっています。治療中、毎日鏡を見るのが楽しみだったそうです。治療して良かったとおっしゃっていました。



八重歯の治療例3

八重歯の患者さんの症例です。
歯並びががたついているのを治したいと来院されました。
治療後、前歯の中心のラインがそろい、きれいな歯並びと噛み合わせになりました。 人前で歯を見せて笑えるようになったのが何よりもうれしいとおっしゃっていました。



八重歯の治療例4

八重歯の患者さんの症例です。
精密検査の結果、上下の4番の第一小臼歯を抜いて歯を動かすスペースを作り、3番の犬歯を後ろに下げることになりました。 抜歯してできたスペースに犬歯がおさまり、きれいな歯並びになりました。
治療前は犬歯が飛び出しており、犬歯で頬が傷つくこともあったのですが、治療後は噛み合わせが良くなりました。


八重歯の治し方

八重歯の原因の多くは、顎が小さいために歯が並びきれずに、糸切り歯が歯列から飛び出してしまうことです。

八重歯の場合の治療法は大きく分けて3つあります。

1.歯の本数を減らす(歯を抜く)
2.歯の大きさを小さくする(歯の横幅を小さくする)
3.お口を大きくする(あごを拡大して大きくする)

これらのことを行い、歯列を矯正装置で整えればキレイな歯並びになります。実際の治療はこれらを組み合わせて行うことが多いです。

症状別にご説明します。

1.八重歯の程度がきつい場合

上記の治療例のように八重歯がきつい場合は、八重歯のとなりの歯(小臼歯)を抜いて、その結果できたスペースに八重歯を移動させて治します。

歯を抜くということは、患者さんにとってはすごくデメリットに感じるかもしれませんが、八重歯がきつい場合に歯を抜かずに矯正すると、出っ歯になってしまい、かえっておかしくなります。

また、歯を抜いたとしてもその結果、歯並びが良くなりますので、咬む能率も上がりますし、むし歯や歯周病にもなりにくくなりますので、特段のデメリットはありません。

特に、大人の方の場合は見た目がすごくキレイになるのできっと満足して頂けます。

2.八重歯の程度があまりきつくない場合

八重歯の程度があまりきつくない場合は、歯を抜く必要はありません。ただ、そのままで矯正して歯を並べてしまうと出っ歯になってしまうので、1本1本の歯の横幅を減らす必要があります。

スライスといって、歯の両サイドを0.2〜0.5mmくらい削ります。前歯6本についてスライスを行うと、結構スペースを得ることができます。この矯正法は見た目も良くなるし、治療期間も短くなりますのですごく良い方法です。

スライスについて詳しくはこちら⇒

3.子どもさんの八重歯の場合

八重歯が生えてくるのは11〜12才くらいです。その時にひどい八重歯になっていれば、やはり歯を抜かなくてはいけないかもしれませんが、八重歯の程度がそこまでひどくない場合は、歯を抜かずにお口を大きくすることで治すこともあります。

急速拡大装置という装置をお口の中にセットしてお口を大きくします。

どうしても抜歯がいやという親御さんは、「子ども健康・骨格矯正」という矯正法なら多少八重歯がきつくても抜歯なしで治る可能性も高いですので、ご相談下さいね。

子どもの矯正について詳しくはこちら⇒

八重歯の治し方については
お気軽にお電話ください


マウスピースで八重歯を治す方法

マウスピースで八重歯を治す

インビザラインについて詳しくはこちら⇒

マウスピース矯正での八重歯治療については
お気軽にお電話ください


八重歯の原因

八重歯の原因

八重歯治療 無料メール相談

八重歯でお悩みの方はご相談ください。
総院長の松本正洋がお答えします。

  • 気になることは何ですか?
  • 私の場合の八重歯の治療費を知りたい

    私の場合の八重歯の治療期間を知りたい

    私の八重歯の場合、最終的にどんな風になるのか知りたい

    私の八重歯の場合、歯を抜くかどうかを知りたい

    引っ越した場合の治療費がどうなるか知りたい

    マウスピース矯正や裏側矯正で治るかどうか知りたい

  • ご質問内容
  • こちらにお書きくださいね↓
  • お名前
    [全角](名字だけでも可)
  • E-mailアドレス
    [半角英数]
  • 電話番号

  • 下記は、メール相談の方は必要ありません

  • 診療希望日 
    (診療予約ご希望の方のみ)
  • 第1希望  

    第2希望  

※【メールアドレスについて】携帯電話のメールアドレスをご入力された方の一部に当院からのメールが届かないという現象が発生しております。なるべくPC用のメールアドレスをご使用いただきますよう、よろしくお願いします。


八重歯で悩まれていた患者様の声

20代後半 女性  「きれいな歯並びになって鏡を見るのが楽しみになりました。」

私はかわいい八重歯という感じではなくドラキュラのように目立っていてずっと気にしていましたが、 いろいろ調べるうちに八重歯をかわいいというのは日本くらいで、アメリカなどでは悪い印象にとられるということもわかり歯列矯正することにしました。

私は八重歯ばかりを気にしていましたが、歯並び・噛み合わせ全体を治していかなければいけないとのことでした。 先生やスタッフの方々もひとつひとつ丁寧な説明があり安心して治療することができました。

きれいな歯並びになって鏡を見るのが楽しみになりました。 これからも定期検診に通って、キレイな歯並びと健康な歯を持続させたいと思っています。ありがとうございました!

八重歯(叢生・乱杭歯)について

叢生 そうせい

歯や口元のお悩みで多いのが叢生(そうせい)です。
叢生は「八重歯」や「乱ぐい歯」ともいい、歯が重なり合って、でこぼこの状態の不正咬合です。

あご大きさとの歯の大きさのバランスが悪いため、きれいに歯が生えることができずに歯が重なってしまってしまいます。

歯ブラシが隅々まで行き届かないので、虫歯や歯周病の原因になることもあります。



歯並びの治療方法

歯並びの治療方法には、いろいろな方法があります。大きく分けると「ワイヤーを使う」、「マウスピース型」があります。

ワイヤーを使う歯列矯正はこちらから→

マウスピース矯正はこちらから→


あなたにとって最善な方法をご提案します。 
治療の流れはこちらから→


八重歯でお悩みの方や矯正歯科に関するご質問などお気軽にご相談ください。 無料初診カウンセリングで治療方法・期間・治療費などをご説明します。 電話相談やメール相談も無料ですので何でもご相談ください。

メール相談フォーム