子供の受け口治療

子供の受け口

受け口は早い時期に治すことをおすすめします!

受け口は大きくなってから治すより、子どものうちに治療を開始すると完璧に治る可能性も十分あり、骨格や歯並びがきれいに治ります。

受け口

治療をせずにいても、自然に治る可能性は低く、あごがしゃくれていきます。あごがしゃくれてしまうと手術でないと治すことができなくなります。

子どものうちに受け口を治せば手術をしなくてすむ可能性が高くなります。

受け口治療は色んな方法があります。
それぞれの方法は、年令や症状で変わってきます。
大きく4つの治療法があります。

治療法から選ぶ
マウスピース治療
使用できる年齢
3〜10才

マウスピースをお口に入れて受け口を治す方法です。
受け口改善に効果的な治療法です。

マウスピースは2種類

プレオルソT4K
というマウスピースを使用します

プレオルソT4K

使用方法

起きている間1時間+寝ている間だけ装着します。

プレオルソを日中1時間・寝ている間に装着

子供用マウスピース矯正の特徴
1. 痛みが少ない

マウスピースは柔らかいポリウレタン製ですので装着しても痛みはほとんどありません。お子さんも嫌がらずにつけてくれます。

2. つける時間が短い

マウスピースをつけるのは起きている間1時間と寝る時だけです。日中はつけなくてもいいので、幼稚園や学校で見た目を気にすることもありません。

3. 取り外し可能

マウスピースは取り外し可能です。食事や歯みがきのときには外せるので、矯正治療中に虫歯になるリスクも少ないです。

食事の時に装置を外せる

4. 通院の頻度が少ない

マウスピース矯正は装置の調整がほとんどないため一般的な矯正治療よりも通院の頻度が少ないです。

\調整料なし/ 完全トータルフィー
マウスピース矯正の費用
月々2,100円〜
初診カウンセリング

初診カウンセリングは 無料です。初診料、レントゲン代(必要時のみ撮影)もいただいておりません。

完全トータルフィーで管理料などこれ以外の費用は一切かかりません

プレオルソの費用は 150,000円(税抜)です。

小児矯正

1期治療へ移行する場合は1期費用から75,000円を差し引いた金額となります。

15万円という費用自体は高いのですが、この費用は決してマウスピースの装置だけの費用ではなく、装置をちゃんと使えてるかの管理や、あいうべ体操などのトレーニングの費用、そしてその効果のほども考えての歯科医師や歯科衛生士の管理も含めた費用です。
1期治療へ移行する前には特に必要な治療項目です。
また、装置が破損したり、交換した場合は追加の費用はかかりません。

※ 歯列矯正は保険が適用されない自由診療です。

ムーシールド
使用できる年齢
3〜8才

ムーシールド

ムーシールド

3才くらいからは「ムーシールド」という装置を就寝時にお口の中に入れて舌や口の周りの筋肉を整えます。

ムーシールドを装着して上あごの成長を促して、受け口の原因となっている舌の位置の高さを上げて、口周りの筋肉のバランスを整えることができます。

小さい子供が装置をお口に入れられるか心配される親御さんも多いのですが、装着するのは夜寝ている間だけですので負担も少なく、小さなお子さんでも問題なく使用していただいております。

ムーシールド

治療期間は数か月から1年程度

ムーシールド

受け口が改善するのにムーシールドを装着し始めて数ヶ月〜半年程度かかります。その後も後戻りしないように続けて装着していただき、装着期間としては合計で1年程度となります。

ムーシールドで受け口が治っても、成長期の後戻りや再治療が必要になるケースもありますので、中高生までは経過観察にお越しいただくようお願いしています。

ムーシールドの症例

治療前は下の歯が上の歯より前に出て受け口になっていましたが、ムーシールドを約1年間装着してきれいに治った症例です。

受け口の治療例

受け口の治療例

【治療内容】下の前歯が上の前歯よりも前に出ている症例です。夜間ムーシールドという装置をお口の中に入れます。 お子さんの顎の成長を利用して上下の歯の咬み合わせを正常にする目的で使用します。

【費用】150,000円(税抜)

【リスク】受け口の状態、年齢などによってムーシールドでの治療が難しい場合もあります。

ムーシールドの仕組み

ムーシールド

食べ物を飲み込む時は舌を上あごにつけるというのが正常ですが、受け口の子どもは下あごに舌をつけてしまいます。下あごに舌をつけていると、舌が下あごを前に押し出してしまい、受け口になってしまいます。

受け口を治すためには舌を正しい位置につけることが必要です。それを助けてくれるのがムーシールドです。

ムーシールドを装着することによって、舌が上あごにつくようになっています。舌が上あごにつくと上あごが前に成長します。また、上くちびるが上の前歯に当たらないため、上あごを抑える力が減って成長を促すことができます。

\調整料なし/ 完全トータルフィー
ムーシールドの費用

完全トータルフィーで管理料などこれ以外の費用は一切かかりません

 ムーシールドの費用は 150,000円(税抜)です。

ムーシールドで受け口を治した後、歯並びを治す場合には矯正治療費から75,000円を差し引いた金額で、矯正治療を受けることができます。

※ 歯列矯正は保険が適用されない自由診療です。

上顎前方けん引装置
使用できる年齢
7〜10才

7才くらいからは、取り外しが可能な「上顎前方牽引装置(じょうがくぜんぽうけんいんそうち)」で上あごを前方に成長させ、同時に下あごの成長を抑制する受け口治療を行います。装着するのは1日10時間程度、夜間寝ている時間だけです。10才以下なら上あごの成長が残っているので効果が高いです。横顔がとてもきれいになるとてもいい治療法です。

上顎前方牽引装置

固定源としておでことあごにパッドをおいて、そこから上あごのお口の中にゴムを掛けます。ゴムが縮む力によって上あごを前に引っ張ります。装置の見た目が大げさなように思われるかもしれませんが、これまで使用された子供たちは治療にも協力的で嫌がったりすることもあまりありませんでしたのでご安心ください。

\調整料なし/ 完全トータルフィー
上顎前方牽引装置の費用
月々4,800円〜

完全トータルフィーで調整料などこれ以外の費用は一切かかりません

上顎前方牽引装置の治療は上あご・下あごを含めた骨格のトータルの矯正治療となります。

1期治療の費用は 450,000円(税抜)です。

2期治療の費用は
簡単なケース 400,000円(税抜)/普通のケース 500,000円(税抜)/難しいケース 600,000円(税抜)です。

1期治療と2期治療をまとめて最初から治療すると費用は一律850,000円(税抜)となり、トータル費用は安くなります。

※ 歯列矯正は保険が適用されない自由診療です。

チンキャップ
使用できる年齢
11〜18才

11才ごろまでには上あごの成長が終わりますので、11才を過ぎると「チンキャップ」という装置を使います。1日10時間程度装着して、下あごの成長を抑制します。

チンキャップで骨格をコントロールしながら、最終的にワイヤーでの矯正を行うとよりきれいな歯並びになります(永久歯が生えそろう12才以降くらいにワイヤーをつけ始めます)。

チンキャップ

チンキャップは下あごの抑制効果が高い装置です。チンキャップを装着して頭を固定源にし、下あごの成長を抑えます。大変そうな装置に見えるかもしれませんが、使い勝手がよく、子供も治療に協力的です。

\調整料なし/ 完全トータルフィー
チンキャップの費用

完全トータルフィーで管理料などこれ以外の費用は一切かかりません

チンキャップの費用は 150,000円(税抜)です。

チンキャップの治療後、引き続きお口全体の矯正治療に移行する場合は、歯並びの矯正治療費から、75,000円を差し引いた金額で、矯正治療を受けることができます。

また、最初からチンキャップを含めたトータル治療が必要な場合の費用は1期治療の費用になります。

※ 歯列矯正は保険が適用されない自由診療です。

子供の矯正はどこでしたらいいの?

低年齢からの矯正は歯並びを治すだけでなく骨格から治す治療ですので、顔立ちがきれいになり、全身の健康にもつながります。

矯正治療といっても大人の矯正と子供の矯正では大きく治療方法が違います。

矯正歯科の中でも子供の矯正に詳しい矯正歯科を選ぶということが重要です。特に難しい受け口の治療はより専門の医院での治療が大切です。当院では子供の受け口矯正に力を入れております。

子どもの受け口でお悩みのママさんへ

残念ながら受け口は自然に治ることがほとんどありません

特に自然に治る確率の低い受け口は<下の歯が上の歯よりも5〜6本出ているタイプ><噛み合わせが深いタイプ><両親や親せきなどに受け口の方がいるタイプ>などです。

また、大きくなってから受け口を治療する場合、外科手術が必要になる可能が高くなりますので、当院では低年齢からの治療をおすすめしています。

ムーシールド

発音に問題が出ることがあります

受け口の場合うまく発音しづらかったり、相手が聞き取りにくいしゃべり方になってしまうことがあります。特に「サ行」や「タ行」などに影響が出やすく、舌足らずな話し方になったりします。

発音以外にも噛み合わせが悪くなり食事を前歯できちんと噛めないなど、さまざまな影響が出ることがあります。

また機能的な問題だけでなく、外見に対するコンプレックスを抱えてしまい心理的な影響を与えてしまう可能性もあります。

受け口を放っておくと下あごが成長がしすぎてしまう可能性も

思春期に身体が大きくの成長するのに伴い、下あごも急激に成長します。子供の頃に反対咬合の治療をせずにそのまま受け口が改善していないと下あごが成長しすぎてしまう可能性が高くなります。

低年齢から受け口治療はお子さんの負担も少なく、上下のあごの成長をコントロールした治療を行うことができますので、ぜひ早めにご相談ください。

受け口の原因について

「遺伝」や「癖」などが受け口になってしまう原因となります。

癖は舌のくせ(舌癖)や片方の歯ばかりで
噛んだりする噛み癖、頬杖なども関係します。

また赤ちゃんの時の偏った寝かせ方によっておこる
顔のゆがみが原因となることもあります。

頬杖同じ方の歯ばかりで物を噛む癖

1. 骨格が原因の受け口

1. 上あごの成長が足りない場合

2. 下あごの成長が過剰な場合

3. 上あごの成長不足に、下あごの過剰な成長が伴う場合

骨格が原因の受け口には上記の3種類があります。

大きな原因のひとつが上あごの成長が足りない場合です。上あごが成長が十分でなく、下あごが成長しすぎて受け口になります。そして下あごが成長しすぎると、上下の前歯の噛み合わせ逆になる(下の歯が上の歯より前になる)と、上あごの成長はより抑えられてしまい、下あごはさらに前に成長します。

子供の受け口の治療で重要なのが「上あごの成長を促進すること」と「下あごの成長を抑制すること」です。この大原則は骨格性の受け口でも遺伝性の受け口でも同じです。

骨格が原因の受け口の治療を始める時期は、少しでも早く始めることをおすすめします。

治療への協力が得られる3才頃から始められます。

上あごの成長不足によるところがほとんどの原因である5〜8才の骨格性の反対咬合は、できるだけ早く上あごの成長を促進させる治療を行って、下あごの成長とのバランスを合わせることが重要です。

上あごを拡げる装置と上あごを前に成長させる装置を使って上あごの成長を促進させます。

上あごの成長は10才ごろには終わってしまうため、6〜8才が上あごの成長を促進させるのに効果が出る年齢です。

上あごの成長が終わりに近づく9才以降は、下あごの成長は大きくスパートを迎えて、受け口の程度が大きくなる時期ですので、「上あごの成長促進」と「下あごの成長抑制」の治療を行います。

2. 前歯の位置が原因の受け口

上下の前歯の位置が逆になっているだけの骨格性の問題がない受け口の場合もあります。その場合は6〜8才ごろに「リンガルアーチ」という装置を使った治療を行います。

比較的簡単な治療で逆の位置になっている前歯を上の前歯が出るように正しい位置に治します。

リンガルアーチ

リンガルアーチリンガルアーチ

\調整料なし/ 完全トータルフィー
リンガルアーチの費用

完全トータルフィーで管理料などこれ以外の費用は一切かかりません

リンガルアーチの費用は 120,000円(税抜)です。

リンガルアーチが適応の場合、この装置だけで治療が終了することが多いです。

※ 歯列矯正は保険が適用されない自由診療です。

子どもの矯正メニュー

無料電話相談

お子さんの歯並びのご相談や矯正治療のご質問などにお答えいたします。

子どもの矯正 費用・方法 無料Web診断
総院長松本正洋がお子さんの場合の治療費・治療方法・治療期間をお答えします。

当てはまる項目にチェック、質問や名前を入力して送信してください。

  • 年齢
    • 0〜3才
    • 4才
    • 5才
    • 6才
    • 7才
    • 8才
    • 9才
    • 10才
    • 11才
    • 12才
    • 13才
    • 14才
    • 15才以上
  • どのタイプですか?
      チェックしてください

  • 上の前歯が出ている(上顎前突)

    下の前歯が出ている(受け口)

    歯ががたがたしている(八重歯)

    上と下の前歯が咬み合っていない(開咬)
  • その他気になる事
  • 料金は最終的にいくらになる?
    治療方法について
    治療期間はどのくらいか?
    抜歯する必要はあるか?
    痛みはあるか?
    引っ越した場合どうなるか?
    分割払いは何回まで可能?

    装置を装着することの影響について
    見た目が気になる  
    食事がしにくくならないか心配
    むし歯にならないか心配  
  • ご質問内容
    歯並びに関するお悩みや、矯正歯科への疑問などにお答えしています。お気軽にご相談ください。
  • こちらにお書きくださいね↓
  • お名前
    [全角](名字だけでも可)
  • E-mailアドレス
    [半角英数]
  • 電話番号
  • ご予約希望の方は診療希望日をお選びください。

  • ご希望医院名
  • ミント神戸院  神戸マルイ院
  • 診療希望日
  • 第1希望  

    第2希望  

    三宮クローバー歯科クリニック(ミント神戸院)
    月〜土 9:00〜13:00/14:00〜20:00
    休診日:日曜・祝日、年末年始・夏季休暇(お盆)

    クローバー歯科クリニック神戸マルイ院
    月〜土 11:00〜13:00/14:00〜20:00
    休診日:木曜・日曜・祝日、年末年始・夏季休暇(お盆)

HotmailなどのMicrosoft社から取得したアカウント(@hotmail.com @live.jp @outlook.jp @outlook.com など) やガラケー(フィーチャーフォン)をお使いの方は当院からのメールが届かない場合がございます
当院からの連絡がない場合には大変お手数ですが、TEL:0120-505-589 までお問い合わせいただくか、他のメールアドレスにて再度お送りいただきますようお願い申し上げます。

禁無断転載

<<個人情報保護方針

初診カウンセリング無料

Call:0120-505-589 専任カウンセラーが対応します

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

初診予約はこちら

無料初診のご予約ができます

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします