患者さんの声

患者さんが歯列矯正を始めるきっかけやきれいな歯並びになって感じた思いなどのたくさんの声をいただいております。歯並びを治したいとお考えの方や矯正歯科の医院選びに悩んでおられる方はご覧になってみてください。

患者さんからのお手紙「あっというまにおわります」

患者さんの声

神戸市 20代後半 女性「思い切って笑えることがこんなに素晴らしいなんて!」

「思い切ってやって良かった!」その一言に尽きるくらい満足しています。

歯並びが気になりだしたのは、15・6才の時。その頃から笑顔が苦手でしたが、 高校卒業後、仕事が忙しく内勤だったこともあり気が付けば10年が経過していました。 その間、歯へのコンプレックスがなかったわけではありませんが、あきらめモードに入っていました。

そんな私が、矯正を始めることにしたのは、NYへ旅行した時に、とても素敵な笑顔の女性を見たのがきっかけです。 はつらつとしたその笑顔を見た時に、心の底からうらやましく感じました。帰国後は矯正に関する資料を集め、1ヵ月後には装置を付けていました! 我ながら驚くほど早い決断でした。

矯正中は不自由な時もありましたが、そんなことも忘れるほど今は満足しています。 思い切って笑えることがこんなに素晴らしいなんて!あれからNYへは2回行きましたよ!
 

神戸市 40代前半 女性「矯正治療は「一生ものの投資」」

前歯が2本出ていて、しかも少し大きい。あだ名はもちろん「ビーバー」。自分ではそれほど気にしていませんでしたが、 5年ほど前に自分の写った写真を見てびっくり!かつては若さでカバーできた(笑)ビーバーですが、その横顔はタダの出っ歯でした。

しかし、すぐに歯列矯正に踏み切るには何の知識もなく、金額が張るのでは・・・とお金の心配ばかりをしていました。

矯正を終えた今、改めて考えてみると、これまで自分に投資したものの中で一番価値があったなと思います。ブランドもののバッグもいいけど、矯正治療は「一生ものの投資」でした。何より肩こりがぴったりと治ったのには驚きです。 写真にも自信を持って写れます。
 

兵庫県 20代前半 男性「矯正が僕にとってなぜ必要なのかを僕自身が納得できた」

矯正治療を始めたのは、僕が中学2年生の時です。もともと普通の人より顎が小さいようで、永久歯が全部並ばず、その結果、いわゆる乱杭歯になっていました。もちろんその頃の僕は歯並びや噛み合わせなどに全く興味などなく、野球三昧の毎日でした。

しかし、両親の少しでも早く治療することが大事だとの思いから、矯正治療を始めることになりました。最初の頃は豆腐を噛むだけでも痛かったし、高校に入学した時は矯正器具がカッコ悪くて友達と面と向かって話すのも嫌でした。

この長い矯正治療期間をなんとかクリアできたのは、先生が毎回ていねいに治療・説明をしてくれ、矯正が僕にとってなぜ必要なのかを僕自身が納得できたからです。 そして他のスタッフの方も優しく、親切だったからだと思います。今ではこの虫歯が一本もない自分の歯が自慢です。そして両親にとても感謝しています。
 

神戸市 20代前半 女性「時間はかかりましたが、治して良かったと心の底から思います。」

おもしろい時には大きな口をあけて笑い、自然に微笑むことができ、おいしいものをおいしく味わえる。そんな当たり前のことができるようになったことが、とてもうれしいです。

私はひどい歯並びで、歯医者さんにさえ歯を見せるのが嫌なほどでした。最初に訪れたのは虫歯の治療だったのですが、 その時に歯並びのことを指摘され、虫歯・歯周病になりやすいことなどの説明を受け、矯正治療をすすめられました。 カウンセリングで自分の歯を客観的に見て初めて自分の歯と向き合い、 いろいろ考えた結果、矯正をすることを決意しました。

矯正中は本当にきれいな歯並びになるのかと不安に思ったこともありましたが、今ではかつての歯並びがウソのようです。 時間はかかりましたが、治して良かったと心の底から思います。もし、今、悩んでいる人がいるなら、私の歯と笑顔を見てもらいたいくらいです。
 

明石市 30代後半 女性「心から笑えるという安心感。」

矯正治療は、コンプレックスがなくなるだけでなく、精神的な治療にもなっているように感じます。どんな時でも口元を気にしていたのが、心から笑えるという安心感。私はこの安心感を得るために、矯正をしたのだなと思います。そして、歯を大切にしようという気持ちがすごく強くなりました。

一番うれしいことは、歯のことで悩まなくてすむことと、久しぶりに会う友人や知人から「やせた」や「きれいになった」など、よくほめてもらえるようになったことです。昔の歯並び・性格がどんなだったか忘れるくらい、笑顔に自信が持て、明るくなったと自分でも思います。

今はホワイトニングをしている最中で、きれいに並んだ歯が真っ白になっていく様を楽しんでいます。この歯を維持するために日々努力の毎日です。
 

西宮市 30代前半 男性「きちんと発音ができるのでお客様と堂々と話ができるようになった」

僕が矯正を始めたきっかけは、仕事の内容が変わり、展示会に出席したり、会社のPRをするなど、いわゆる「会社の顔」的な仕事をすることになったからです。

僕は男なので歯並びに関してはさほど気にしていませんでしたが、滑舌が悪いとよく指摘されていた為、先生にその点をよく相談し矯正することにしました。

仕事柄、矯正装置が見えるのはあまり良くないと考え、目立ちにくい舌側矯正を選びました。 歯磨きが大変で面倒臭く、正直やめたいと何度か思いましたが、矯正を終えた今、考え方がすっかり変わりました。

男だからという理由で歯並びが悪くて良いわけはなく、歯並びの悪さが、発音や全身の健康と密接に関わっていることなど、デンタルIQが高くなったことは自分の財産となりました。

またきちんと発音ができるのでお客様と堂々と話ができるようになったのも矯正したお陰です。 男性は女性に比べて歯の意識が低いように思いますが、歯が重要なのは男も女も一緒。僕は今、社内でちょっとしたデンタルカウンセラーとなっています。 神戸矯正歯科センターさんでほんとに良かったです。
 
矯正歯科に関するご相談や歯並びに関するお悩みはお気軽にご相談ください。
無料初診カウンセリングでは検査結果を元に方法・期間・費用などをご説明します。
電話相談やメール相談も無料ですので何でもご相談ください。

初診カウンセリング無料

TEL:0120-505-589 専任カウンセラーが対応します

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

初診予約はこちら

無料初診のご予約ができます

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします